ナマステ*今日はインドでなにしようかな

現在インド、バンガロールに駐在妻中。赴任夫もたまに執筆。旅行好き夫婦による、今日はこんなことしたよ、できたよ日記です☆

Namaste

I wonder I'll do today

彼の海外赴任が決まりました。遠距離恋愛のはじまり。

ごめんなさい(^^)

本当は付き合う前から決まっていました(笑)

 

世の中に色々な遠距離恋愛の形があるとは思いますが、私達の遠距離恋愛の始まりはこんな感じでした☆既に結婚していますが、書いてみたいと思います。

  

海外赴任が決まっている人とお付き合いができるか?

 

 答えはイエスです(>_<)

 

私は出会った時に「いずれインドへ行くんだ」と聞いていました。そこで少しは心がざわついたとは思いますが、むしろ、すごい!頼もしい!しかもインド!

と、むしろ彼に惹かれるポイントになってしまっていました(>_<)付き合うことを応援してくれる友達はいましたが、共感してくれる子はあまりいませんでした(笑)海外へいずれ行ってしまう人と付き合うことは勇気がいりますよね☆

 

元々母が海外旅行好き、私もお金と時間が揃った時には海外旅行へ頻繁に出掛けていたので、海外に抵抗がなかった事も大きな要因だったとは思います(^o^)

彼も学生の頃からインドだけでなく、南米、アフリカ、ヨーロッパその他、、と旅行に行っていました。ですから、その話を聞いた後のインド赴任話は自然の流れ。むしろ、日本で働くより向いているのではないかと思ったくらいです(笑)

 

海外との遠距離恋愛は辛くないか?

 

答えは勿論イエスです(*_*)

 

しかし、正直そこまで辛くなかったです(笑)

寂しい気持ちはありました。季節の変化を一緒に感じられないことが何故かとても寂しかったです。でも別れに繋がる程の寂しさや喧嘩はうまれなかったです。

 

インドと日本の時差は3時間半しかないので、毎日LINEやSkypeでお話しができました。これは絆を繋いでおける力になったと思います。今は海外遠距離恋愛がしやすい時代で良かったです(^^)

しかし、昼夜逆転してしまう程の時差ですと連絡が取りづらくて、もっと大変な遠距離恋愛になっていたかなと思います(;o;)そこはインドで良かった点だと思います。

 

後は、「どうしても辛くなったらいつでも会いに帰るよ」と常々言ってくれてました。

その言葉があったのでインドをそこまで遠く感じずに済みました。心がダメになったら来てもらおうと思っていました。

実際には会いにきてもらう為だけに帰ってきてもらったことはありませんでした☆

 

手紙も嬉しかったです(^^)投函してから 3週間くらいかかる上に、紛失する可能性が高いインドの郵便事情。そんな障害を乗り越えて届いた手紙は高価な贈り物より嬉しかったです☆

 

遠距離恋愛の期間は?

 約1年と数ヵ月。入籍した後も3ヶ月ほど離れて暮らしていました。

 

彼は年に数回会議で5日間ほど日本へ帰国。それに加えて、顔合わせ等の結婚に向けての事で3日間ほど帰国してくれました。私も婚約した後インド、バンガロールへ遊びに行きました(^^)

会えた日数は少ないですが、会えてる時は旅行へ行ったり、ただ都内で会うだけでもとても特別なデートになりました。

しかし、お互い仕事もあり、未来へ向けてやらなくてはならない事も沢山あったので正直忙しかったです(*_*)

 

伝えたいこと

海外赴任をする予定の人に恋をしてしまっている方や、今海外との遠距離恋愛をしている方!

 

大丈夫です(^^)

 

お互いのことを信じていれば、いつの間にか時間が経ってしまいます☆

私の場合もお仕事や趣味、自分の生活を一生懸命過ごしているといつの間にやら会える日になっていました☆

 

むしろ、自分もいずれ海外へ住むのだと思うと、日本で家族や友達と過ごす時間や仕事をしている時間がわずかだと思ってきます(;o;)

それを先にイメージすると海外との遠距離恋愛が少し楽になり、日本での生活をもっと大切にするようになりました!私は家族や友達ととにかく旅行へ行ったので、一日一日が過ぎるのが本当に早かったです(^^)

 

時差や国の事情等、一筋縄ではいかない遠距離恋愛もあるかと思いますが、遠距離恋愛をしている方がみんな幸せになるといいなぁと思っています。

 

我が家のマンションを守ってくれているガネーシャ様にもお願いをしておこっと!

 

f:id:tokyo-bangalore:20161028173317j:image